3DCGモデル「Saya」を生み出したクリエイターユニット「TELYUKA」によるオンライン講演(令和3年1月21日)が決定しました。

3DCGモデル「Saya」©TELYUKA

「Saya」は、本物の人間と見分けがつかないほどリアルな3DCGキャラクター。2015年に発表されて大きな話題を呼び、さまざまなメディアで実在のタレントのように活躍しています。現在も、AIテクノロジーによって人間のように会話できるようになるなど進化を重ねています。

リアルなタレントのように活躍するSaya

『ミスiD』公式サイトより

講談社が主催したコンテスト『ミスiD2018』では、実在の女性たちと共にSayaがセミファイナリストに選出され特別賞を受賞しました。(2017年)

NTTドコモ『おしゃべり案内板』ページより

NTTドコモの多言語案内サービス「おしゃべり掲示板」で、ガイド担当として採用されました。(2018年)

TBS系列で放映中のドキュメント番組「情熱大陸」でも取り上げられました。(2020年)

クリエーターユニット「TELYUKA(テルユカ)」

Sayaを囲んで、クリエイターの石川晃之さん(写真右)と友香さん(写真左)。

Sayaを生み出したのは、石川晃之さん(TEL)と友香さん(YUKA)のご夫婦によるユニット「TELYUKA」です。
TELYUKAは、3DCGアーティストとしての活動のほかに、全国各地の学校などで学習イベントも実施しています。学生たちがSayaとコミュニケーションしながら、AI技術について学び、バーチャルヒューマンと共生する未来を体験するなど、さまざまな催しを実現してきました。

TELYUKAによる学習イベントの紹介ページ

オンライン版ITまつり2021で、TELYUKAによるオンラインイベントが決定

オンライン版ITまつり2021の企画として、TELYUKAによるオンラインイベントが開催されることになりました。
沖縄の学生を対象に、3DCGやAIテクノロジーについて学べる学習イベントとなる予定です。充実したイベントになるよう企画を進めていますので、詳細が決まり次第お伝えします。

オンラインイベント実施日:令和3年1月21日(木)
※開催時刻やイベント内容については後日お知らせします。